HOME > 企業情報 > 企業行動憲章

旭精機工業はその事業活動において、法令、社内規定および企業倫理を遵守し、常に社会から信頼される企業を目指してコンプライアンス重視の経営を推進して行きます。
これを実現するために企業倫理行動基準に沿って行動します。

1. 安全で高品質の製品・サービスを提供します
優れた技術と豊富な経験をもとに、安全で高品質の製品・サービスを開発し、顧客・取引先に提供します。
 
2. 取引において公正な競争を行います
取引において、法令を遵守し、不正な手段を使用せず公正で透明かつ自由な競争を行います。
 
3. 企業情報を適時適切に提供します
株主、投資家、顧客、取引先等のステークホルダーに対し、適時適切に適正な企業情報を提供します。
 
4. 社員の安全と健康の確保に努めます
組織の総力を結集して、職場における社員の安全と健康の確保、快適な職場の形成に努めます。
 
5. 社員の人権・人格を尊重し、社員を公正に処遇します
社員一人ひとりの人権・人格を尊重します。
性別、信条、身体的条件、社会的身分などによる不当な差別は行いません。
 
6. 社会貢献を通じ、よき企業市民としてステークホルダーとの良好な関係を構築します
良き企業市民として、地域社会との交流を深め、
地域の社会活動への参加などを通じて、広く社会貢献に努めます。
 
7. 反社会的な勢力に利益供与しません
社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的な勢力に対して、
毅然とした態度をとり、経済的な利益を供与しません。
 
8. 環境保全に配慮し、環境と共存できるよう企業活動に取組みます
環境問題の重要性を認識し、資源の有効活用、省エネルギーなどにより、環境問題に積極的に取組みます。

旭精機工業株式会社   
取締役社長 山口 央


コンテンツメニュー