HOME > 事業案内 > 開発体制

お客様からの様々なご要望に迅速かつ正確に応えるために旭精機工業では金属加工事業部・機械事業部から独立した「技術情報開発室」を設置し、それぞれの事業分野に高度な技術情報を提供し質の高いモノ作りに貢献しています。 特に製品作りの前段階で機械製造においては強度剛性問題、金属加工においては成形上の問題をコンピューター上でシミュレートするVP ( Virtual Prototyping )を使用して問題解決に活用しています。

VP技術の進化により事前に製品製造における問題をデータやCGで予測することが可能となり、今までは経験と勘に頼らざるをえなかったプレス製品の製造を効率よく行うことが出来るようになりました。 またこれにより製造前の試抜の回数を大幅に減らすことが出来、時間だけではなくコストの削減にもつながっています。

技術情報開発室は精密加工事業部ならびに機械事業部の製品開発・製造を高度な解析技術と豊富な知識とノウハウでサポートし旭精機工業の高い製品クオリティを支えます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得