HOME > 事業案内 > 精密加工事業部 > 合理化事例

コスト競争が避けて通れない昨今、旭精機工業では、部品単体でのコストダウンはもとより、お客様の工程内での合理化にもつながるようなアイデアを常に探しております。 何かお困りなことがありましたら、一度、旭精機工業とアイデア探しをしてみませんか?

従来、材質の異なる2種類の切削品をお客様にて組み立てていた部品を、プレス加工による一体化と部分めっきにより合理化に成功しました。
部材費の削減のみならず、お客様の工程を削減するというメリットが生まれました。

 加工事例


製品の両端をカーリング加工することで外径寸法を変えずに、必要な箇所のみ内径・同軸度の角度出しに成功しました。部品の機能を変えることなく不必要な部分をとことんまで削ることで材料費の削減につながりました。

 加工事例


従来、研削品とプレス加工品をお客様にて組み立てていた部品を、プレス加工による一体化に成功しました。部品点数の削減、組立工数の削減のみならず、一体化することで、高精度・高強度化も実現しています。 研削加工では困難であったμm単位の内径管理による部品単体での高精度化、さらには組立時の部品の高強度化にもつながっています。

 加工事例


コンテンツメニュー